MENU

 キャバクラの仕事を始めたのは19歳の大学2回生の夏休みだったのです。
ある程度まとまったお小遣いが欲しいと考えてましたから、キャバ嬢の仕事なんかいいかもしれないと思って求人を見ていました。
そこで見つけた新宿のキャバクラで、仕事を始めるようになりました。
夜のお仕事だけど、もともと夜型の性格だったし、接客とか問題なくできるタイプだったからいけるかもって感じがしました。
キャバ嬢の仕事を始めてみると、これが案外フィットしちゃってて、楽しく仕事をすることができるようになりました。
もちろんお客さん相手だからつかれることもあるけれど、自分には天性の仕事かもしれないなんて思ったりもして。
キャバクラでの仕事でもらえるお金は40万円、これってやっぱり凄いですよね。
まだ女子大生だけどこれだけの金額を稼ぐことができる、たっぷりとお小遣いを手にすることができて満足していました。
愛人生活をするようになったのは、このキャバクラの仕事をしている頃なんです。
私がキャバクラで仕事をするようになった頃からお客さんとしてやってくるようになった起業家の男性が、私の事をとっても気に入ってくれちゃってて、しきりにナンパしてくるんです。
それでとうとう愛人契約をしてしまいました。
彼は毎月40万円の手当を支払うから、完全に自分のものになることと言う事言ってきて、仕事を辞めるように言ってきたのです。
キャバクラの仕事を辞めて、彼の愛人としたの生活が始まっていきました。
毎月高額な手当を受け取れるから、気軽に派手な生活を送ることができるようになって最高だったのですが、この関係が1年で終止符となってしまったのです。
新しいパパをみつけるために、インターネットで見つけたパパ活の方法をやってみることにしたのですが
出会い系サイトこそがパパの作り方だと言う事も書かれていましたから、自分もパパ募集をすることにしたのです。

インターネットだったら顔が見えない世界だから、何の恥ずかしいこともなく愛人募集をすることが可能になってきます。
出会い系サイト多くの利用者がいるから、そこで愛人募集すれば間違いなく相手が探せると言う事が、インターネットには書かれていたのでした。

 

 たくさんのお金をくれるパパとお別れすることになっちゃって、本当に困ってしまった状態だったんです。
苦労することなくお金を手にすることができていましたから、すっかりと怠け癖がついてしまっていたようです。
これからしっかりと働くなんて言う気持ちにもなれなかったから、新しいパパを探すためにインターネットを使って愛人募集することにしたのです。

 

 

名前:諏訪内 凛々子
性別:女性
年齢:20歳
プロフィール:
 キャバクラで働いている的に知り合った男性と、愛人関係を作ることになりました。
毎月40万円の手当を支給してくれて、リッチでゴージャスな生活を味わうことができていました。
だけど、そんな関係も1年で終息してしまったのでした。
たくさんの手当をもらうことができる愛人という生活にはまり込んでしまっていましたから、仕事を再開する気持ちにもなれなかったのです。
だから新しいパパを探そうという気持ちになって、インターネットを使うことになったのです。